えらいすんまへん、どんつきで三角座り

タメになるブログを一応はめざしてます。が自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

キムタクドラマ「CHANGE」を観て泣いてしまった

関西圏では、2008年5月から7月にかけ放送されたいわゆる月9ドラマ

「CHANGE」が先日より再放送されていて、来週には いよいよ最終回を迎える。

(関東では今回の再放送もすでに最終回を迎えたらしい)

 

昔、月9ドラマのファンだった家人の影響で、かつまた当時は家庭に一台しかテレビがなく、いやいやな感じで視聴した覚えがあり、

当時はキムタクドラマで【まさかの涙】てな記憶など、もちろん無い。

 

ところが、今回 偶然にも第四話から観、

『すっかりハマってしまった』

のである。

第四話では、元教師だったキムタクもすでに総理大臣へと急階段を昇り詰めてしまっており。。。

 

っとなると、

 

ありゃりゃ。果たして如何に国会議員への道のりはどうだったの?

とか、なぜまた いきなり総理大臣へ⁉

てな記憶もすっかり飛んでしまっており

 

それで  これまた毎度ながらの私の嫌な癖。

第一話からの展開が気になり気になり、例のググり倒し大作戦を挙行!

 

すると、これまたすんなりamazonの fire TV からフジテレビオンデマンドFODなる存在を知った。

(アマゾンプライム会員ならば1ヶ月は無料)

 


f:id:k-happiness3chan:20200621141742j:image

 

会員登録を済ませ、さっそく第一話から視聴。。。

 

すると、いやはや。

 

参りました。

 

こんなにも名作ドラマだったとは。

また、【どっちかと云えば政権寄りのフジテレビ】が(私見)

権力を振りかざす政治家や政党批判をするドラマを作っていたなんて、あらたな発見でした。

 

折しも、河井前法務大臣夫婦の逮捕劇やら、森友加計問題、桜を見る会騒動、黒川検事定年延長問題、その他諸々。

 

国民から こんなにも信頼感を破壊しまくった現在にあって、

 

『政治は国民のためにあり、権力者のためではありません』

ってなキムタクの台詞は、心に深く染み入ります。

 

また、第一話での

『僕は世の中には必要な悪があるなんて子供らに教えたくありません』

って台詞も印象深いものがあります。

 

で、一話を観てしまった私。

 

毎度のことですが、

2、3、4、5、6、7、8、9、10

っと一気に突破!

関西では8話までの進行だったのに、いきなり最終回まで進んでしまいました。

 

まだドラマを観ていない方の為、ネタばらしはしませんが

 

一つ言えるのは

 

最終回の終盤、キムタクがテレビを通し国民へ語りかける【20分強の演説シーン】は圧巻!です。

 

まさかの感動です。

 

与党だけでなく、野党関係なく、全国会議員にぜひとも聴いて欲しい内容です。

 

www.fujitv.co.jp