えらいすんまへん、どんつきで三角座り

タメになるブログを一応はめざしてます。が自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

フーテンの寅さんはヒーローなんかじゃない

以下、まったくな偏見ですので。

今日から 男はつらいよの新作映画が封切りとかで

少しは観てみたい気持ちもあるのだけど、

 

今さらなぁ〜

 

てな気持ちが先に立つ。

 

山田洋次監督作品は、概ね大好きだけど

 

男はつらいよシリーズは あまり好きではない。

 

『てやんでぃ このタコ社長!』と隣の印刷工場の社長の頭をポカリと叩くシーンはおなじみだし、

佐藤ガジロウに対し『このバカッ』とか、

おいちゃんおばちゃん達との喧嘩シーンもおなじみ。

 

んで

 

そう云うシーンをみても

 

【ほとんどの観客はゲラゲラ笑い】

 

かく言う自分も 昔はゲラゲラ笑いしていた口。

 

学校やら職場でのイジメ問題は ときおり騒がれるが

 

ハッキリ言って 日本人は 暴力体質な国民。

 

国民的人気映画

と称される 男はつらいよ  が証明されているではないか。

 

このバカッ とポカリ

で  ゲラゲラ笑い。

 

その流れで云うと、

 

漫才コンビで  いまだに相方の頭をポカリ

てな漫才コンビ、相変わらず見る。

 

で 誰も深く気にせず

ゲラゲラ笑い。

 

山田洋次監督は、おそらくイジメとか無縁の人生を送ってきたのだろうと思う。

少なくとも、他人から頭をポカリとやられる気持ち、真剣に考えたことはない筈。だからこそ   『てやんでぃバカ野郎』ポカリ

てなセリフで笑いを取ろうとするのだ。

 

先日、ひょんなことから とあるブログを発見し、

とある記事に 心が揺さぶられ、突き刺さるものがあった。

 

 

2019.12.20 『M世界の憂鬱な、先端』 - kame710のブログ

非常に考えさせられハッとしました>ひとりの日本人が直接に、具体的にかかわっていた。そういうものでなかった侵略戦争など、古今東西、ひとつもない。その意味では、日本は普通に残酷な国であり。。。(後略)

2019/12/24 14:47

 

それは

 

【つい数十年前まで、日本軍は侵略戦争を起こし、殺人暴行焼き払い、とか罪なき人々に対し挙行】

 

てな歴史。

 

もちろん 初めて知ることではないが、

《不都合な事実から目を遠ざけて》自分も含め、我々日本人は生きている

っと云うのに、今さらながら気付いた衝撃。

 

平成から令和  残酷な事件が起きるたび、

我々は衝撃を口にするが、

 

つい数十年前まで、我々の先輩達は  普通に執り行って来たのであり、

 

決して 古代の遠い他国の話ではないのである。自分を含め、

そう云う体質つーか、気質を持ち合わせてるコトを

決して忘れてはならない。と思う。